yamada

無線調光・調色 照明制御システム

ECOwine エコワイン

ECOwineは最新の無線技術を照明に展開した照明制御システムです。
ECOwine対応の照明器具とコントローラー(ゲートウェイ)そしてコントロール用のタブレットから成り、最大150台の照明機器がメッシュネットワーク無線で制御できます。制御用の配線が不要で、照明器具は自由にグループ制御・個別機器制御でき、調光・調色によるシーン制御、EnOceanのスイッチ、センサーとの連動、曜日や季節に応じたタイムスケジュール制御など様々な運用が行えます。

  • ECOwine概要
  • ECOwine特長
  • ECOwine対応器具
  • ECOwine応用事例

グループ/エリア制御

グループ/エリア制御

ECOwineの新機能では、従来の「グループ」に加えて「エリア(部屋)」という考え方が加わりました。
照明器具をグループ(最大32)にまとめて、そのグループをエリア(最大32)に振り分けます。
従来は1つのゲートウェイで全体をコントロールしておりましたが、この新機能でエリア毎に独立した
運用が行えるようになりました。

メッシュネットワーク図

タイムスケジュール運用

タイムスケジュール運用

各エリアにおいて独立したスケジュールコントロールが可能です。一日の中で
「照明を変化させる時間」と「そのシーン」を設定し(最大16)自動で呼び出します。
日没時間の変化を考慮し季節毎に異なる設定が行え、施設の運用に合わせて
休日設定や特別な稼働日も設定が可能です。人感センサー/照度センサーと
組み合わせれば、人の動きや外光の明るさに応じて自動的に調光します。

エントランスエリア

  • エントランスエリア AM8:00
  • エントランスエリア PM4:00
  • エントランスエリア PM6:00
  • エントランスエリア PM8:00

廊下エリア

  • 廊下エリア AM9:00
  • 廊下エリア PM1:00
  • 廊下エリア PM5:00
  • 廊下エリア PM7:00

執務エリア

  • 執務エリア AM10:00
  • 執務エリア PM3:00
  • 執務エリア PM5:30
  • 執務エリア PM7:30
タイムスケジュール運用イラスト

エリアシーン再生

エリアシーン再生

各エリア(部屋)毎に独立した「エリアシーン」(最大16)の設定が可能で、
エリアシーンはエリア内のグループをそれぞれ調光・調色します。ECOwineの
新機能として「個別シーン」の設定ができるようになっており、同一グループの
照明を個別に調光・調色できます。作成したシーンはタブレットまたは
エンオーシャンスイッチで呼び出せます。

プレゼンルームエリア

  • プレゼンルームエリア01
  • プレゼンルームエリア02
  • プレゼンルームエリア03
  • プレゼンルームエリア04

ミーティングエリア

  • ミーティングエリア01
  • ミーティングエリア02
  • ミーティングエリア03
  • ミーティングエリア04
エリアシーン再生イラスト
  • ECOwine概要
  • ECOwine特長
  • ECOwine対応器具
  • ECOwine応用事例
※バリエーション、導入・設置、および費用のお見積りなど詳細はご相談ください。(お問い合せのフォームはこちらから)