yamada

TASK & AMBIENT

室内全体に規則正しく照明器具を配置して均一な明るさをとる「全般照明」に対し、「タスク照明」 は作業に必要な手元のみを照らします。タスク&アンビエント照明方式は、タスク(task:作業)とアンビエント(ambient:周囲)2つの照明設備を用意し、作業面の明るさを十分に確保しながらベース照明の照度レベルを低く設定することで無駄なく快適な視環境を実現します。

TASK & AMBIENT
概念
タスクアンドアンビエント照明
消費電力40%削減
吊下タイプのアンビエント照明で、さらに明るく省エネルギーを
人の明るさの認識は目に入る輝度によって左右されます。暗い床や家具を照らすより、一般的に白の天井を照らすほうが少ないエネルギーで明るさ感を高めることができます。
吊下タイプのアンビエント照明で、さらに明るく省エネルギーを